ダイビング中のストレスのなくし方

奄美大島ダイビングショップエンドレスブルー奄美大島

奄美大島ダイビング > ダイビング中のストレスのなくし方

このコーナーはスタッフ高見による身近なストレスを簡単になくすことのできるコツをお伝えします。
こんなにアップに載せてどんだけ自分が好きなんじゃい!とか、記事よりもこの写真が目立ちすぎなんじゃい!という声も聞こえなくないですが、結構・・・タイマーで1人撮りしてるとき恥ずかしかったですよ。


結構ベテランさんでも多いこのマスクの曇り。
みなさん、マスクは曇り止めをつければ曇らないと思っていませんか?
それは、大きな間違い!

だって、船が出港する前に曇り止めをつけて流しちゃうんだから。
それじゃあ極端に言うと奄美大島に来る前に曇り止めをして、そのままにするのと同じこと。

曇り止めで一番大切なのは、流すタイミング。

できるだけマスクをつけて潜る直前に流すのが良いんです。
ポイントは、流したらマスクのレンズを乾燥させないこと。じゃないとまた曇ってしまいます。

潜る前にあたふたしたくないという人は、事前にマスクを流した時にマスクの中に水をためておけば良いんですよ!

ちなみに、新しいマスクの場合は曇り止めをつけても曇ることがあります。
これを防ぐためには、なるべく研磨剤の細かい「クリームクレンザー」を使ってレンズを洗うのが効果テキメン!是非お試しあれ。

ダイビングは見えないとつまらない遊びなので、マスクは曇らないように快適に潜りましょう!



エントリーして水底に着いてみんなの顔を見るとマスクの中に水がたまっている人が・・・
気にならなければいいんだけど、久しぶりの人だったりするとやり方を忘れていると困るから抜いてみてのサインを送ります。

すると、マスクの中の水が抜けて快適になるはずなのに苦しそうな人が。
そりゃそうですよ!だって上向いて鼻から息出してるんだから!

え?
そう習ったって?

確かにそう教える人が多いかもしれません。でも実はそれ間違ったやり方なんですよ!

正解はこう。
『鼻から息を出しながら上を向いて行く』

間違いと正解の違いがわかるかな?
ポイントは、上を向いて行くときに鼻から息を出しているかどうかの違い。

鼻から息を出す前に上を向いてしまうと、鼻から水を飲んでかなり苦しいのです。
上を向いた瞬間に鼻から水を飲んでゴホゴホ・・・確かにマスク中の水は飲んでるから減ってるけど、苦しいんじゃストレスになりますよね。

正しいマスククリアを覚えて、パニック防止!



単純明快スキっと書きますよ!

ジャージの場合
・乾いている時→濡らさずそのまま着るのがラク
・中途半端に濡れている時→思いっきり濡らして着るのがラク
中途半端に濡れている場合はホースでウエットと体の間に水を入れながら着たり、海に入りながら着るのがラクチンです。

スキンの場合
・乾いている時→パウダーを付ける(銀色のスキンは着やすい加工がされているのでパウダーを付ける必要はありません)
・中途半端に濡れている時→水をかけて濡らしまくる

着方としては、足を入れていつまでも膝パッドを膝まで持ってこようとがんばってる人がいますが、ある程度足が入ったらお尻を先に入れるのが一番!先にお尻が入れば上方向に引っ張られて足も上げやすくなります。

以上!お試しあれ。


船酔いは人によって程度があるもの。
少しの揺れでも酔う人はストレスになりますよね。

そこで!なるべく酔わないように以下に気をつけて乗船してみましょう。
・船の前方にいる
・視界や空気が移り変わらないキャビン(船内)にはいない
・楽しくおしゃべりをする
・潜る直前までウエットスーツなどで首元を締め付けない
・ダイビング前に食べ過ぎない
・排ガスのかかる所にはいない

経験上特に船の前方にいるというのは効果が抜群のような気がします。へさきであるほど上下には揺れますが、これは船酔いする揺れではないのと景色の移り変わりが良いため酔いやすい人も酔わない傾向がありますよ!ただし、波が高い時には上下の揺れが激しいため前方にいることはできません。

船酔いのことはあまり考えず楽しく船に乗ろう!


バックロールが苦手な人、結構いるかもしれませんね。でも何の苦もなくできるようになったら、きっともっとダイビングが好きになりますよ!だって、バックロールはダイビングのしょっぱなから行うことなんだから!

・着水の時にマスクに水が入る人の対策ポイント
@鼻から吸ってマスクを顔にくっつけさせておく
Aマスクはつかまえるのではく「押さえる」
B真顔でいく
Cもちろんマスクは自分の顔に合ったものを

Aに関しては無意識にやっちゃってる人がいるのではないでしょうか。
つかんでしまうと水にバシャンと入った反動でマスクをずらしてしまうことになるので水が入ってきてしまいます。
あとは、この時ばかりはシラ〜っと真顔でいけばOK!(がんばり顔になるとシワから水が入る)

・水中で一回転してしまう人の対策ポイント
@おしりを後ろにずらせるところまですらしてから回る
A勢いよく後ろにひっくりかえらない
Bある程度BCに空気を入れておく

@をしていない人、結構いますよ〜
浅く座った状態で後ろに回ると空中でたくさん回転することになるのでよくありません。
Aは、しっかりとアゴを引いて反動をつけずにわまること!
これでOK!

バックロールが納得できる感じになったら、ダイビングがもっと楽しくなること間違いなし!