奄美大島ミステリーサークル「アマミホシゾラフグ」

奄美大島ダイビングショップエンドレスブルー奄美大島

奄美大島ダイビング > 奄美大島ミステリーサークル「アマミホシゾラフグ」

奄美大島の『ミステリーサークル』を知っていますか?
世界でも奄美大島でしか見つかっていない、謎に満ちたサークルです。
期間限定で砂地に現れるその不思議な模様をしたサークルの謎を、一緒に潜って解き明かしましょう!


謎その1
まずはその見られる期間。現在確認されているのが、3月〜9月です。
期間限定で現れるので、いつでも見れるわけではありません。「期間限定」っていうだけで、すでに謎。
しかし確認できているのが3月〜9月というだけで、本当にそれ以外見られないのかどうかはわかりません。。。

謎その2
サークルというだけあって、上から見ると綺麗な円形をしています。でも、斜めから見るとそれは平面ではありません。
波うったような模様があり、中心にはゆるやかに丘状になった部分があります。
目の粗い砂の所もあれば、目の細かい所も・・・。
サークルができる時は複数現れますが、それぞれがちょっと大きさや波の数が違います。
うーん、これは一体・・・

謎その3
サークルはどこでも見られるわけではありません。今わかっていることは、
@広〜〜い砂地であること
A流れが発生する所
Bある程度の水深のある所
そして、最大のミステリーが『奄美でしか見つかっていない』こと。そう、世界中どこを潜ってもここ奄美でしか見れないんです!
それは国立博物館の魚類分類学者の先生や研究者の間で確認されている事実です。
世界で奄美大島だけにしかないって、スゴイでしょ。

謎その4
これははたまた何なのか?
UFOの着陸場所?
誰かが宇宙人と交流している?
いやいや、潜って見ていると実はある魚が作っていたんです。その魚とは・・・

色んな方がこのニュースを聞き奄美に訪れました。そして研究の結果、このフグは『シッポウフグ』の仲間であるが見つかったのは世界で初めてであることが判明!2014年には『アマミホシゾラフグ』と名前が正式につきました。
そして、体長15cmにも満たない小さなフグが、直径2mほどの大きなサークルを作っていることがわかったんです!!すごい労力・・・

まだ謎は続きます。一体何のためにこんな物を作るのか?
日本のNHKやイギリスのBBCなど色んなメディアがミステリーに挑戦し、結果わかったことは『オスがメスのために産卵場所を作っている』ということでした。


でも数あるサークルの中でメスに選ばれるサークルと選ばれないサークルがあったり、途中で作るのを辞めてしまったり、波の数や大きさが違ったり・・・
何かが判明すればするほど謎は増えていきます。
でも、謎が残っていた方が人間には興味が沸くかも!

小さなフグが、世界を驚かすミステリーサークルを作っていたこの新事実!
ぜひご自身の目で確かめに来て下さい!

※海況が悪いなどの原因でミステリーサークルのあるポイントに行かない場合もあります
※事前にリクエストをいただけますと行ける確率が上がります